駐車場で起こるトラブル

駐車場で起こるトラブル

月極駐車場で実際に起こるトラブルとして上位にあげられるのが自分の駐車スペースに知らない車が停められているというケースです。これは、出かけている間に知らない人が勝手に車が停められているということです。

月極駐車場というのは、駐車場に常に誰かがいて警備をしてくれているわけではないために、無断駐車がされたとしても取り締まることができないのです。契約している人からすれば、車が移動しなければ自分の車が停められなくなりますし、そうするとコインパーキングにお金を払って停めておかなければならなくなりますし、警察を呼んだり駐車場の管理者に連絡をして対応をしたりということもしなければなりません。

通勤に車を使っていたり、毎日外出が多かったりして長時間家を空けてしまうことがあると、その空き時間に勝手に車を停められてしまうということがあります。もしも、このようなことがあったり他の人から別の車が停まっているという情報が入ればカラーコーンを立てたり看板や張り紙をしたりという対処をすることが望ましいです。実際に車が停められていれば、管理者や警察に連絡をして車の所有者の割り出しと移動要請を依頼することもできますし、勝手な駐車が数日間に渡った場合には駐車場代の請求をすることができるケースもあります。

 

利用者とのトラブル

近年は、月極駐車場のニーズの増加に伴って限られたスペースに少しでも多くの車を停められるようにと駐車場の計画に無理のあるような駐車場設計がされていることもあります。このように少しでも多くの車が停められるように設計すれば、利益も上がりやすいですから、やはり少しでも多くの車を停められる設計というのは魅力的なのです。

借りてからしても、駐車台数が増えることで駐車場が増えることはありがたい反面、車が停めにくかったり出し入れが大変になったりということが出てきます。そうすると、入出庫時にぶつけてしまったりぶつけられたりというトラブルが起こることがあります。

自分や隣の車が大きいと、幅がギリギリとなってしまい乗り降りの際にドアをぶつけたり、ぶつけられたりすることもありますし、車を出す時に切り返しが必要となると、操作ミスでぶつけたりぶつけられたりする可能性があります。万が一、ぶつけたりぶつけられてしまった時には、管理人や警察に連絡して被害届の提出をする必要があります。もしも当て逃げをされていた場合にも被害届を提出することになります。

駐車場によっては監視カメラが設置されているところもありますから、そのような場所を選ぶこと、注射スキルに自信がなければスペースに余裕があり停めやすい場所を選ぶべきです。

月極駐車場を借りる

月極駐車場を借りる

自宅に駐車場がない場合や、複数台の車を所有する場合、通勤に車を用いるために職場近くに駐車場を必要とする場合、など様々な場面で月極駐車場を借りる必要があります。毎月駐車場の利用料を支払って使用するのですから、少しでも自宅に近かったり車が停めやすかったり、使用量が安かったりと自分の希望にあう駐車場を利用したいものです。

しかし、都心の住宅街では月極駐車場が満車なところも多く、なかなか希望するような駐車場に契約できないこともあります。それどころか、緊急を要する場合にはしばらくの間は妥協してとりあえずの駐車場を借りるという事態もあります。そこで、早いうちから駐車場を借りる予定がある場合には早いうちから情報を集めておいてより自分の条件に合う駐車場に巡り会えるよう下準備をしておくべきです。

このように早めから行動するべき理由には、月極駐車場というのは不動産とは少し異なり地主のような駐車場の持ち主と直接賃貸借契約を結ぶことが多く、不動産会社は仲介のみを扱っていることが多くあります。仲介手数料の手間を省くために地主によっては不動産業者を介しての情報提供をしていない場合もあるので、自分の足で希望する地域を歩いて情報収集をしておかないと得られない情報も多くあるのです。このように自分で情報収集しなければならないために、トラブル回避のために念入りに情報収集が必要です。そこで、ここでは借りてから後悔しないために起こりうる月極駐車場のトラブルについて紹介していきます。